プラス妊娠

更年期障害

更年期障害

なんとなくイライラしたり、夜寝つきが悪くなったり、頭痛が続く、のぼせる、など更年期になると身体に色々な変化が現れます。ちょっと前までは、女性だけに起こる変化だと思われていましたが、同じように年齢を重ねる男性の身体にも、女性と同じように症状は現れます。でも、落ち込んだり悩んだりする必要はありません! これまでの人生の中で何度もあった節目の一、人生のターニングポイントですから、ここが新たなスタートラインです。更年期障害と上手に付き合いながら、次のライフスタイル設計を楽しみましょう!


症状

女性の場合

女性は40歳後半〜50歳にかけて、だんだんと女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が少なくなり、閉経に向けて月経周期の間隔が長くなってきたり、量が減ってきたりし始めます。月経の変化に伴い、熱くないのに顔だけが火照り短時間でどっと汗をかいたり、些細なことにもイライラして情緒不安定になったり、不眠や動悸、めまいなども一般的によく見られる症状です。こういった自覚症状を感じて病院で検査を受けても、特に病的な異常は認められないというのも特徴の一つですが、原因がはっきりしないことがさらに不安をあおってしまい、生活に支障をきたすような状態に発展してしまうと、まさに”更年期障害”になってしまいます。ですから”更年期障害”は、成長期と同じように誰にでも起こる身体の変化ととらえ、酷くなるような場合にはカウンセラーや薬を頼って症状を軽くするのがおすすめです。

男性の場合

男性の場合でも女性と同じように、一時的なのぼせや発汗、突然起こる動悸や息切れ、集中力が無くなり物忘れが多くなる、イライラと情緒不安定になるといったものがあげられます。しかしこういった症状は更年期障害としてではなく、普段の生活の中で感じている疲れやストレスなどが原因と考えてしまわれるケースが多くありました。現在でも男性の場合には、まだまだ認知度が低く自分でも認めたくないと感じる人が多いようですが、症状が酷くなってしまうとウツや対人恐怖症になったり、衝動的な行動に出てしまう場合もあります。思い当たる節がある場合には、病院でホルモンバランスのチェックや更年期についての相談をしてみると良いでしょう。

若年性更年期障害

通常、症状が出始めるのは女性ホルモンの減少が激しくなる40代後半からといわれてきましたが、最近20代後半〜30代の女性にも見られるようになって来ました。これは、卵巣機能の低下やホルモンバランスの乱れから閉経とは関係なく、更年期障害がでる人が多くなっているためでプレ更年期とも呼ばれています。しかし、子宮内膜症やストレスなどが原因で一時的に更年期と似た症状が出る事もあります。そのためこういった呼ばれ方をすることが目立ってきましたが、実施には若い年齢の人に更年期の症状が見られる状態のことを指しているだけで、こういった病気などがあるわけではありません。

更年期セルフチェックと対処方法

更年期障害の症状には、他の病気からくる症状と同じようなものがあります。更年期だろうと検診や検査を受けずにいると、酷くなってしまったり他の病気を見逃してしまう事にもなりますので、かかりつけ医などに相談しながら上手に付き合っていきましょう。

セルフチェック

急激なのぼせ、ほてり、発汗がある

自律神経のバランスを整えることで症状を和らげることができます。心臓疾患にも見られる症状なので、一応身体に異常が無いかを検査しておきましょう。

冷え症になった、または身体の一部分が急に冷えることがある

ホルモンバランスと自律神経の乱れにより、血管収縮機能が低下しているために起こります。適度な運動やマッサージをしたり、塩分の多い食事は避けるようにしましょう。

めまいやふらつきを頻繁に感じる

自律神経の働きが崩れたり脳の血管が老化で硬くなり始めていることによって起こるものと、血液・脳疾患によるものがあります。脳や血管の検査をして以上がなければ更年期によるものと考え、日常的な行動を少しゆっくり行うように心がけるとめまいを感じにくくなります。また、めまいを感じたときは横になって収まるのを待ちましょう。

寝つきが悪い、不眠

のぼせや冷えによって体温調節ができず熱気が悪くなったり、頻尿で夜中に何度も目を覚ますなど、睡眠バランスを崩してしまうような他の症状が原因になって不眠になるケースが多いようです。他の更年期障害の症状を改善していくことで不眠も改善できる場合があります。不眠によってイライラや不安感が酷くなる事も多いので、早めに改善していきましょう。