プラス妊娠

乳がん

乳がん

出産年齢の高齢化が進むにつれ、乳がんになる女性の割合が増えています。特に若い女性の場合、まだ自分は大丈夫、と婦人科検診や乳がん検査を受ける機会がない人も多くいようです。乳がんは発見が遅れれば乳房の温存が難しくなったり、命に関わる事も多い重大な病気ですが、注意していれば簡単な治療で治すことができます。30歳を過ぎたら一年に一回の定期健診と10代からのセルフチェックを習慣付けることで早期発見・早期治療に繋がります。


症状

“乳がん”の初期に見られる症状としては、触った時に小豆大のしこりがある、というもので、触ってしこりに気がつかなければ自覚症状として違和感や痛みを感じることはほとんどありません。状態が進むにつれ、乳頭から黄色や茶褐色、血液の混じったような白色の分泌物が出てくることがあります。また、内部にできたがん細胞のしこりによって乳房の表面にえくぼのような凹みや皮膚が引きつったような部分ができ、鏡で見た時に眼で確認することができる場合もあります。こういった症状が出てくると、だるさやカゼっぽい感じなど体調が優れないと感じる人もいます。また、乳頭周辺が何かにかぶれたようにただれたり、軽く触れただけでも分かるほどの大きさや硬さのしこりが脇のした付近に確認できるようになってくると、何らかの腫瘍ができている可能性が高い状態といえます。

検診

視診・触診

乳癌の症状であるしこりや皮膚の引きつれがないかどうかを眼確認する視診と実際に石が手で触り検査する触診があります。婦人科検診が行われる医療施設や産婦人科で行うけることのできる最も基本的な検査です。両方で片手ずつ腕を上げた時、下げた時の状態で乳房とその周辺を触ります。この触診は通常、上半身を起こした状態と仰向けになった状態の両方で同じように行います。医師が行う視診・触診のチェックポイントは、毎日自宅で行うことのできるセルフケアとしても大変有効です。検診に行った際には、セルフケアに付いての始動を受けることができるので、ここでしっかりと触り方やチェックポイントを覚えておきましょう。


超音波(エコー検査)

“乳がん”が発生しやすいポイントに超音波を当ててその反射映像を画面で確認しながら入選などにできたしこりを探す検査方法で、10代〜30歳前後までの若い女性やエコーで判断しやすい乳腺の発達しているタイプの人、X線を使うことが出来ない妊娠中の女性などに向いている検査です。痛みもなく検査時間も大変短い検査で、超音波検査装置を所持している産婦人科施設が多いことから、マンモグラフィより簡単に受診することが出来るのが特徴です。また、検査技師がエコー画面を確認しながら進めるので、何らかの異常やしこりが見つかった場合には、その場で本人も医師に説明してもらうことができます。


マンモグラフィ検査

触診や超音波では見つけることが難しい、シコリになる以前の乳腺の石灰化部分や眼には見えないほど小さなしこりを発見することができます。超音波検査とは違い、X線を利用しているため、妊婦や妊娠の可能性がある女性の場合にはこの検査を受けることはできません。乳がんの早期発見には大変有効的また、この検査では乳房を挟む必要があるため、ホルモンバランスが変化する生理前は避けた方が良いでしょう。な検査方法なので、30歳を過ぎたら最低でも1年に1回のマンモグラフィ検査が推進されています。しかし、地方自治体が行う婦人科検診では、対象年齢が30歳より上の40歳以上からとなっているところも多いので、そういった地域の場合には自主的に検査を受ける必要があります。


確定診断

視診・触診、エコー検査・マンモグラフィの3つの検査を組み合わせて行った結果、乳ガンの可能性が高いと判断された場合には、疑われる腫瘍やしこりの状態をより詳しく調べて乳がんかどうかを確定する確定検査が行われます。確定検査には、乳腺組織を直接採取する穿刺細胞診や分泌物細胞診、MRIやCT、乳管造影などいくつもの種類があります。この検査によって、乳がんの確定とその状態について詳しく調べ、治療の方針が決められていきます。また、骨や血液に転移する事も多いのである程度進行している乳癌であると判断された場合、骨への転移を確認する検査をする事もあります。