プラス妊娠

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍

婦人病の中でも若い女性の発症率が急増しています。お腹が張っている、下腹部が重い、などの症状を感じたことはありませんか? 卵巣に腫瘍ができたときの自覚症状は、ちょっと太ったかな? とか生理痛が重くなったと感じる程度なのでなかなか気がつきません。子宮と違って検診がしにくい場所のため、自主的に検査を受ける機会が無いと発見が遅れてしまう事も多いんです。定期的に産婦人科を受診しておきましょう。


良性腫瘍

*卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)

卵巣の内側に液体や粘液、血液、脂肪などが溜まりコブ状になっているもので、なぜそういったものが溜まるのか原因は分かっていないものが多くあります。これらはほとんどが両性のものですが、実際に切除手術を行った時にその良性腫瘍の一部がガン化している状態で発見される事もあります。卵巣嚢腫は大きくなってくるまで特に自覚症状はありませんが、大きくなってくると排卵痛に似た強い痛みや腰痛、だるさなどの症状が表れます。

子宮内膜症(チョコレート嚢腫)

月経時に排出される子宮内膜や周辺の細胞組織がきちんと排出されず、卵巣や卵管などに付着して増殖してしまうと、子宮以外の場所に子宮内膜と同じような組織を作り出します。この増殖した子宮内膜細胞は、月経時にあわせて子宮内膜と同じように出血しますしかし、血液は排出されるべき出口が無いため増殖した細胞周辺にたまりチョコレート嚢腫になってしまいます。最近は10代後半〜30代と比較的若い年齢層の女性がかかる率が高くなっているため、若いうちから定期的に検診を受ける習慣をつけることが大切です。

悪性腫瘍

充実性

腫瘍には、液体や細胞変などが詰まった嚢胞性と、コブの中に肉がぎっしりと詰まっている充実性があります。この充実性腫瘍は悪性と診断されるものが多いので注意が必要ですが、嚢胞腫瘍との判断が難しいのが特徴です。また、ほとんどの場合良性と判断される嚢胞性でも、嚢胞性と充実性が混ざっているタイプもあり、腫瘍がみつかったらMRI等の精密検査によって悪性か良性かを診断します。

卵巣がん

初回出産年齢の高齢化と妊娠・出産経験の現象により、年々若年層の発症率が高くなっています。卵巣内に腫瘍ができても初期段階での自覚症状はほとんど無く、海外では「沈黙の病気」という名前でも呼ばれています。卵巣は左右に1つずつあるため、片方で卵巣がんが発症していてももう片方の卵巣が正常に機能していれば、ホルモンバランスが大きく崩れる事も少なく自覚症状に気がつかないことがほとんどです。卵巣がんが発症する危険因子には、出産年齢の高齢化の他に遺伝的なものや食生活、子宮周辺の病気が要因となる場合もあります。

治療について

摘出手術

切除する必要がある場合には、できている場所や腫瘍のクラスやステージ(期)、種類によって切除・摘出する範囲がかわってきます。悪性の場合、かなり進行した状態で見つかる事も多いため、広い範囲での摘出手術が必要になる場合もあります。そういった場合、10日〜2週間程度の入院が必要になる場合もあります。また、摘出後に妊娠・出産を希望する場合には、妊娠が可能な範囲で摘出することになりますが、卵巣がんに進行している場合などは再発の可能性が高くなる場合も多くあります。そのため、女性自身の年齢や今後のライフスタイル等を考慮して治療方針を決めていきます。

温存療法

良性の場合、定期的な検診で腫瘍の状態を見ていく温存療法が用いられることが多くあります。これは、デリケートな卵巣に無理をかけてしまい、ダメージを与えないためですが、良性腫瘍から悪性腫瘍に変る事もあるので定期的に検査を受けることが重要です。卵巣内にある腫瘍は子宮より簡単に検査をすることができないため、継続的に状態を把握するためには、定期的に腫瘍マーカーの診断を行ったり、MRIなどの画像診断を受けることになります。