プラス妊娠

子宮がん

子宮がん

命を生み出すための臓器に起こるガン。デリケートな部分だから痛みや違和感があっても人に聞けなかったり病院へは行かなかったりして発見が遅れる事も多いようです。婦人科検診でも子宮がん検診が行われるようになってきました。しかし、一般的にはまだ詳しく知らない人も多く健診を受けていれば大丈夫、というわけではないかもしれません。自分の体の事、大切なパートナーの身体の事ですから、きちんと知っておきたいですよね。あなたは、子宮ガンについてきちんと知っていますか?


子宮頸ガン

一般的に子宮がん検診で検査するのは、頸部の入り口付近にできる子宮頸ガンのことです。頸部の入り口の中でも性質の違う内部と外部の粘膜の境目になっている「扁平上皮(へんぺいじょうひ)」と呼ばれる部分にヒトパピローマ(HPV)が感染して起こります。この境目付近の細胞は大変未熟なためヒトパピローマ(HPV)に対して抵抗力が弱く、癌細胞のできやすい部分なのです。また、発生する場所によって、線細胞にできる線癌や扁平上皮癌、両方の混ざった線扁平上皮癌の3タイプに分けられ、リスクの高さも違ってきます。

症状

癌が発生した直後の0期と呼ばれる最も初期には、自覚症状は全く無くこの段階で発見されるのは婦人科検診や定期健診などで偶然見つけられる場合がほとんどです。検査によって肉眼でも癌が確認できる程度に進行するとまれに不正器出血が見られるようになります。さらに進行するに従い、不正器出血が頻繁に起こるようになりおりものの量が増えたり褐色になってくるといった症状が見られます。これ以上に進行してくると、下腹部の痛みや発熱、さらには排尿が困難になるなどの症状が出てきます。線癌の場合は婦人科検診で行われるような細胞診でも発見が難しいため、不正器出血が頻繁に起こるような自覚症状が出てから初めて異常に気がつくという場合が多いようです。

治療方法・手術

頸管の入り口のみに発生した初期段階であれば、病変部位のみを切除する子宮頸部円錐切除術という手術方法で処置することができます。この方法では、デリケートな部分にできるだけ負担のかからない局部麻酔でのレーザーや電気メスによる手術が行われます。状態がよければ日帰り手術になる事もあり、治療御は妊娠・出産も可能です。しかし、子宮頸部円錐切除術を行ったあと、とりきれなかった部分があったり遠隔転移が見つかったりした場合には、子宮全摘出術を改めて行わなければならない場合もあります。

子宮体ガン

子宮内膜が何らかの理由で異常に増殖し続けることで起こる病気で、”子宮内膜癌”とも呼ばれます。月経が定期的に正しく起こっていれば、毎月不要になった子宮内膜は月経血と共に排出されますので、子宮体癌にはなりにくい状態といえます。しかし、女性ホルモンが減少、もしくはエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れてくると発生しやすくなります。ホルモンバランスが崩れる原因としては、閉経・肥満・ストレス・月経不順などがあり、複数に当てはまるほど発症の危険因子を多くもっているということになります。また、一般的な子宮ガン検診の検査結果ではこの内膜ガンがあるかどうか判断されにくいため、子宮頸ガン検診を受けていても体ガンの検診を受けていない場合には別に受診することをお勧めします。

症状

内膜周辺で発生するこのガンの多くは、頸がんに比べて早い段階から不正器出血が初期症状として現れるのが特徴です。しかし、できる場所や組織のタイプによって数種類に別れているため必ず不正出血が現れるとは限りません。しかし、女性ホルモンが関わっていることが多いため、閉経後に不正器出血が現れた場合には子宮体ガンの疑いが高いと考えて早急に検診を受けることが大切です。また、進行すると子宮内部に膿や血液などが溜まってしまい、おりものに異臭がしたり血液・膿が混ざっていることがあります。さらに下腹部痛や下半身のむくみなどといった症状も現れてきますので、特に危険因子に当てはまるものが多い人は、異常を感じたらすぐ検査をするようにしましょう。

治療方法・手術

基本的には頸がんと同じく手術によって病変部位を切除するのが一般的な治療方法です。しかし、ガンの進行具合やタイプ、年齢によっては子宮温存療法としてホルモン治療を行い、できる限り手術を行わないで治すという場合もあります。しかし、この場合には初期段階での発見と治療開始が望ましく、妊娠や出産を望む場合にはできるだけ頻繁に検診を受けておくことをお勧めします。また、ホルモン療法では、倦怠感や肝機能異常、むくみなどといった副作用もあるため、治療方針は今後のライフスタイルを考えて慎重に損段する必要があります。