プラス妊娠

子宮筋腫

子宮筋腫

婦人病の中でも最も多いといわれる疾患です。女性ホルモンの働きと大きく関係しているため、ストレスや年齢、生活習慣の乱れなど身近にある要因が原因となることが多いんです。良性なので緊急性はほとんどありませんが、できる場所によってまるで違う病気のように症状が違っていることや、女性ホルモンが減少するまで成長してしまうなど、気になる点も多くあります。


種類(発生場所)と症状

子宮内膜(子宮の内側)に出来た場合

このタイプの場合、内膜を外へ押すように腫瘍が発育していきます。そのため、月経血が腫瘤周辺でかたまりやすく、月経期間が長引いたり血液が固まりになってしまいます。このようなことが起こってくると、正常な月経に比べ負担が大きくなり、月経時に貧血を起こしたり受精卵が着床しずらく妊娠しにくくなったりという症状が現れる事もあります。月経痛や血液の状態を毎月観察しておくことが早期発見の一番の近道です。早期の治療と進行してからの治療では、時間も程度も変わってきますので自覚症状に中止底置く事が大切です。

子宮筋層(壁の間)に出来た場合

子宮の壁の内部で腫瘤が育っている場合には、自覚症状がほとんど現れないのが特徴です。そのため、発見されるまでに時間がかかりかなり大きくなってから見つかるというケースが多いようです。腫瘤が大きく進行してくると内膜の内側にできていた場合と同じような貧血や月経の長期化、着床しにくいなどといった症状が現れます。子宮筋腫自体は、女性ホルモンと大きな関わりがあるため閉経すると自然に小さくなります。子宮は大変デリケートな部分ですから、年齢や腫瘤の大きさ、場所によっては手術などの治療は行わない事もあります。しかし、この場合、悪性腫瘍との判断をしっかり検査で見極めておくことと、定期的な検診・チェックをすることが重要なポイントとなります。

子宮の外側に出来た場合

壁の外側に腫瘤ができた場合には、さらに子宮の上部・前面・背面など場所によって症状が変ってきます。特に症状が出にくいのは上部に出来た場合です。この場合、かなり大きくなっていても自覚症状はなく、突然腸ねん転などを起こして手術になるケースもあります。また、子宮筋腫によく似た悪性の腫瘍も上部にできていると無自覚のまま進行してしまっているケースも多いようです。上部以外の場所で進行している場合、前面だと膀胱を圧迫するため頻尿になる傾向が見られます。反対に背面にできている場合には背骨や腸を圧迫するため腰痛や便秘または下痢といった症状が表れます。

よく似た病気

子宮内膜症

月経周期に合わせて排出される血液や内膜細胞がきちんと排出されず、子宮以外の場所に付着して増殖する病気です。特に近年若い女性に発症する例が多く見られ、放置しておくと他の臓器と癒着してしまう事もあるため注意が必要です。痛みの酷い生理痛が続いたり、腰の痛みを感じるといった自覚症状が特徴となりますので、鎮痛剤を飲んでいる人の場合には気がつきにくい事もあるようです。痛みの強い月経痛が続く場合には何らかの異常がある可能性が高いので、早めに検診するようにしましょう。

子宮肉腫

子宮筋腫とよく似ていますが、悪性で進行の早いものや予後の状態がよくないものがあるため気をつけなければならないものです。子宮肉腫は筋肉内部にできるガンで、腫瘤が大きくなるスピードが速く、自分でも気がつきやすいのが特徴です。しかし、自己判断では区別がつきにくいため、特に閉経前の女性が子宮筋腫と診断された場合には、子宮肉腫の疑いが無いかどうか医師に確認して説明してもらうと良いでしょう。細胞診や組織診では判断が難しい事もありますが、血液中のLDHが高く異常値になっていることが多いため血液検査やMRIなどの画像診断によって判断します。