プラス妊娠

マタニティウェアの選び方

マタニティウェア

お腹だけが大きく出ている不思議な体型になるのは、妊娠期間中だけです。この体型に合わせて作られたマタニティウェアも着る機会が多いものではありませんよね。普段はきなれないタイプの服でも、期間限定のファッションと考えると意外と楽しめそうですよね。


マタニティウェアの選び方

買うときのポイント

いかにも「妊婦!」というマタニティウエアは、センスが悪く出来れば着たくないと思っている人も多いのではないでしょうか? 最近は妊娠期間中に妊婦さんが、快適に過ごせるようにファッションセンスの良いものが沢山販売されています。専門店が沢山あるわけではないのですが、通販やインターネットを利用すると種類も豊富に取り揃えられています。妊娠初期のあまり動けない時期に、これから来るマタニティライフを充実させる洋服選びを満喫してみるのもたのしいですよ。

男物を利用する

妊娠初期は、お腹があまり大きくなってきませんが中期になるとお腹周りを締め付けない服が必要になってきます。妊娠期間中しか着ることの無いものだからあまりお金をかけたくない、という人は男物のシャツやズボンを利用するのがお勧めです。男性用の衣服には、女性ものの服より股上が浅く、せり出てくるお腹を締め付けない形になっているものも多いんです。日常的に着る服なら手持ちの男物を利用して、外出用のみマタニティウェアを用意するのもいいかもしれません。

マタニティウェアの色々

スカート系

妊婦用に作られている服の中でも特に多いのがワンピースやジャンバースカート、ロングスカートなどです。お腹が出てくるとしゃがんだりかがんだりするのが難しくなり、靴下を履くのさえ苦労することがあります。その点、かぶるタイプジャンバースカートやシャツは妊婦用のものでなくても揃えられますし、何より脱ぎ気が簡単で身体にかかる負担が少なくて済みます。産婦人科での定期健診の時などには、特に検診を受けやすいスカート系が便利です。マタニティウェアをそろえるときに一つは用意しておきたいですね。


スーツ系

会社勤めをしている人は、出産前休暇に入るまでの期間スーツを着なければならない状況になります。妊婦用に作られたスーツ系の服は、オフィスウェアとしても利用できるように、パンツスーツのパンツのみ妊婦用に柔らかく伸びるように作られています。手持ちのジャケットをそのまま使えるように色を合わせて選ぶか、出産後にもジャケットだけは使いまわせるように形や色が使いまわしのきくタイプを選ぶのがおすすめです。


パンツ系

冷えやすい下半身をカバーするために、昔から妊婦の必須アイテムだったのがスパッツやタイツタイプのパンツ類です。特に普段からスパッツをファッションアイテムとして着用することが多い人もいますが、一般的なものはお腹周りの締め付けが強いので妊婦用のものを使ってください。また、ジーパンなど妊娠中には着ることが難しい衣類も腹部のみゴムで作られている専用タイプが増えています。


アンダーウェア系

授乳の準備のために妊娠中はだんだんと胸が大きくなります。普段使っていたものではサイズが合わなくなることが多く、重さも出てくるのでしっかりと支えてくれるタイプのものを選びましょう。また、妊婦用のショーツというのも売られていますが、かなり大きくその形にビックさせられます。ショーツは見える部分ではないので、履き心地が良く肌やお腹に負担のかからないものであれば、手持ちのものや市販されている大き目のタイプを利用するのも良いでしょう。