プラス妊娠

無痛分娩という方法も

無痛分娩

分娩には、お母さんにも赤ちゃんにもかなりの体力と気力が必要です。小さな産道をくぐって外へ出ようとする赤ちゃんを産む時に、できるだけ負担を減らすことが出来るという「無痛分娩」。全く痛みを感じないお産なのでしょうか? その仕組みや出産までの流れを調べてみました。


計画的無痛分娩

計画分娩

陣痛の発来から子宮口の開く時期や分娩が始まる時間帯まで、医師や母親の都合に合わせて決める場合に”無痛分娩”を希望する妊婦さんが多くいます。陣痛の発来は陣痛促進剤によって決めることが出来ますし、自然に子宮口が十分に開かない場合にはバルーンを使って子宮口を開きます。そのため、赤ちゃんが出てくるタイミングをこちらで決められるので、急な陣痛にあわてることなく対応できます。この一連の流れの中で痛みが強くなる陣痛から赤ちゃんが出てくるまで、一部あるいは全身で麻酔を使い、痛みや身体への負担をも計画的に軽減させる計画分娩を覗く人も多いようです。

局部無痛分娩

計画分娩ではなく、陣痛やお産の時の痛みだけを軽減するために麻酔を使う方法もあります。この場合は計画分娩ではないのですが、前もって麻酔の用意や対処を決めておく必要があるため事前に医師に申し出ておく必要があります。また、無痛といっても陣痛の痛みを軽減させる方法とお産時の痛みを軽減する方法、陣痛から産後痛までを軽減する方法など色々な種類があります。陣痛の痛みはお産の時より強く感じるためお産の時には痛みに耐えられるようになっているとも言われていますが、陣痛は軽くお産の時の痛みが強い人もいます。そのため、陣痛だけの軽減ではかなりの痛みを感じたという人もいます。

無痛の特徴

無痛にするために使われる麻酔薬は、あまりしっかりかけてしまうといきむタイミングが分からなくなりかえって出産が困難になる場合もあるようです。そのため、陣痛時にはある程度しっかりと麻酔をかけておき出産直前からだんだんと効果が薄れていくようにすることもあります。この方法なら、出産時の痛みもある程度は軽減し、いきむタイミングも身体でわかるので出産の間隔をしっかりと感じることが出来るのが大きな特徴です。また、無痛とは言っても、子宮が収縮する感じや赤ちゃんが産み落とされた時の感触などは感じることが出来る場合が多いようです。

精神予防性無痛分娩

痛みのメカニズムを理解する

出産の時に痛みを感じるのは生理学的にもメカニズムが大体解明されています。そのため、痛みがひどくなりやすい時期や痛みが起こる仕組みを理解して、精神的に感じる部分を減らしていこうというやり方です。この方法には、呼吸法やマッサージなどと合わせて取り入れることで、自然分娩で感じる不安や負担を減らすという効果があります。現在は、こういった精神予防無痛分娩で行う自然分娩のよさが広く理解されています。しかし、極端に痛みに弱い体質の人や自然分娩が困難な場合には、薬を使った方法がとられています。

ラマーズ法

国内でも有名な呼吸法と介添人がついて、自然な状態でお産を行う方法です。陣痛と子宮収縮の自然なリズムに合わせてヒッヒッフーという独特の呼吸法を行います。陣痛やいきみには波があり、弱く感じている時には母親はリラックスして次のリズムにそなえておきます。お産がスムーズに進んでいるかは、分娩監視装置を併用することで把握することが出来ますので、ラマーズ法での自然分娩途中でも何か変化があった場合にはすぐに対処できるようになっています。

水中分娩

重力による負担をあまり感じることのない水中での出産を行う場合、助産師さんに立ち会ってもらって自宅のおふろや専用の施設で行う場合がほとんどです。陣痛の間隔が短くなるまでは水の中に入らず、陣痛間隔が1〜2分になってきたら移動します。冷水ではなく、体温に近い36〜37℃の水温の中に入るので母体への負担もほとんどなく、自然に力を抜いたり入れることが出来るのでかなりの割合で痛みを軽減することが出来ます。水中出産を希望するときは、立ち会ってくれる助産師さんを見つけることと、マタニティスイミングなどでその時に備えておくと良いでしょう。