プラス妊娠

安産目指して妊婦体操!

妊婦体操

妊娠中は、何かと身体を動かすことがおっくうになったり、おなかの子供にかかる負担が不安になって外出を控えたりする人が多いようです。しかし、妊婦用に考えられた妊婦体操は、お産の時に必要な体力と呼吸法を身につけることが出来るんです。ストレス解消や、新米ママ友達が出来る交流の場としてもかなり活用できます。まだやったことは無いけど、興味がある、という人はぜひ、一度は参加してみてください。


効果と目的

体調管理と体力の維持

妊娠期間中、無理に身体を動かすことは避けた方がいいのですが、何もせずに一日家の中にいると逆に疲れてしまいますよね。実際、妊娠中には血行が悪くなりやすく、肩こりや腰痛で悩む人も多いんです。ストレッチや妊婦用の体操は、滞りがちな血液の流れをスムーズに解消してくれる効果があります。また、妊娠中にストレスを溜め込むのはよくありませんから、適度に身体を動かすことで気分転換にもなりますよね。分娩は、体力をかなり消耗する大仕事です。ですから、無理の無い程度に身体を動かすことで、分娩に向けて基礎体力をつけて心身ともにリフレッシュしましょう。

始める時期

身体を動かしたいと思っても、いつからどんな風に始めればいいのか、身体のことを考えると不安になって始められない人もいるのではないでしょうか。妊娠初期は、胎児がお腹の中で安定していませんので、できるだけ衝撃を与えずゆっくりと安静にしている時期なので、この時期には妊婦体操は馴染めないほうが良いでしょう。また、出産ぎりぎりもあまりお勧めできません。色々な妊婦体操教室は、産婦人科や助産士さん、母親学級などで紹介してもらう事もできます。

逆子をなおす

赤ちゃんはお腹の中で頻繁に動いているので、頭の向きも上になったり下になったりしています。妊娠後期になると胎児は自然に頭を下にして出産の準備を始めますが、3〜5%程度の割合で、妊娠後期になっても頭が舌を向かない場合があます。この「逆子」での分娩はスムーズに進まないことが多く、母体や胎児にも負担がかかります。この逆子を治す効果があるのが、胸膝位などのストレッチです。妊娠後期になっても逆子が治らない場合、医師や助産士の指導のもと、逆子を治す体操をするのがおすすめです。

妊婦体操への参加のすすめ

妊婦用ヨガ

最近陰気の高いヨガ教室にもホットヨガやパワーヨガ、ハタヨガなど色々な種類がありますよね。その中に、妊娠期間中に最適な運動量や呼吸法を訓あわせたのが、マタニティヨガです。大きな筋肉に負担をかけて行うハード系の種類は、妊娠中の体操にはお勧めできません。しかし、ヨガの基本は呼吸法ですから、分娩をスムーズに行うために必要な呼吸法を、マタニティヨガによって自然と身につけることが出来ます。

マタニティスイミング

昔から行われている妊婦体操の一つで、母体にも負担が少ない水中で体操や軽い水泳をするのが特徴です。大きく重くなっていくお腹は、妊婦の足腰に大きな負担をかけています。水の中に入っていると浮力が働き、体が軽く動きやすくなると感じる人も多いようです。また、マタニティスイミングは身体への負担を減らすだけでなく、水の中での呼吸法を身につけることが出来るため、実際に出産するときにもかなり役に立ちます。